ドイツの伝統ある機械式時計

ドイツの真鍮とベベルガラスの重厚な舷窓つき、
潮汐表示機能の壁掛け時計シップクロック

ドイツのシップクロック
ドイツのシップクロック 潮汐計つき
 ドイツ南部のシュバルツバルト(黒い森)地方で昔から機械式の振り子時計を制作している1922年創業の歴史ある時計メーカーHermle社の企画品です。重厚な壁掛け時計は、潮汐計をかねた時計です。

■ ヘルムレ社の紹介ビデオです。 (タスクバーの左端のアイコンをクリックすると全画面で見られます。同じく再度クリックすれば元の小画面にもどります。)

 1.5V単三乾電池の1本で駆動する、クォーツムーブメントです。外枠直径はおよそ15cmあり、見やすいダイヤル表示です。潮汐計はインテリアとして楽しめます。

 シップクロックは、市販の似たものに比べ直径、厚みが大型ですので、船だけでなく、事務室、書斎、居間や個室、ホールなどに掛け、ユニークなインテリア時計として楽しめます。

 真鍮のむくの重厚な枠が船の丸窓モデルで、厚いベベルカットのグラスを通して、針が動きます。9cmあまりの厚みで、ベゼルを締めネジを開いて開けますと、ちょっとした隠しスペースにもなるような、秘密の空間があり、あぞび心をくすぐります。

 時計としての時刻表示の3つの針の他に、潮の干満の時刻を概略表示する潮汐計があります。潮情報は釣りやサーフィン、船などを趣味にされる方はもちろんのことですが、潮の変化で地球の宇宙での天体としての動きを実感することができます。潮の動きは非常に複雑で、正確にある場所での潮について述べるためには、考慮されるべき多くの要因が含まれます。通常コンピュータを使い、公式潮汐表を編集するために必要な計算が必要です。潮は朝のしお、汐は夕方のしおを意味します。潮汐計は所定の場所で潮の正確な時間を与えるものではありませんが、しかし、平均的な潮の情報を与え、いつボートに乗りに行くことができるか、釣り、サーフィン、その他について十分なものでしょう。潮を主にコントロールしているのは月です。そして、地球の回りの、1日2回の干満をもたらす月の運行の平均的時間は、24時間50分30秒で、月齢日か潮汐日として示されます。これは、潮汐計の潮を示している針が連動する潮汐日が、時計の針が連動する24時間の太陽日より、50分ほど長いことを意味します。

 この潮汐時計のムーブメントは、4本の針を持ち、1つは24時間より50分30秒遅れで動く、内側にある青い潮汐計の針で、所定の地点、一定の時間での潮の干満を示します。潮汐計の針は12時間25分15秒で一周します。そして、時計は時刻を、時間と分と秒で示します。

  
潮汐時計 シップクロック

 壁面から9cmあまり出る重量感のある壁掛け時計です。全体が真鍮の磨き仕上げで美しく金色にかがやき、船に設置する時計を再現したインテリア時計です。

 ベゼルは重厚なベベル加工(端部傾斜カットの高級仕上げ)のガラスと厚いむくの真鍮の枠で仕上げてあります。舷窓用のロックつき。見やすい3針表示の時計と、内側には潮の干満を表示する青い針があります。胴体部分には通気孔があります。

ドイツのシップクロックの側面 シップクロックの隠されたスペース

 フロントカバーのベゼルは舷窓を再現しています。そのふたを開けると、ふたの裏側に、クォーツのムーブメントの背面があり、電池ケースや時刻調整のダイヤルがあります。そして壁面に大きな空間があります。ちょっとしたものを秘密に隠しておくのに使えるシークレット空間です。

仕様

  寸法:
  丸窓型時計ケースの直径 約15cm 厚さ 約9.4cm 重さ 約1.1kg
  仕上げ:真鍮磨き仕上げ ロック付き
       ベゼルはむく真鍮の重厚な枠に、ベベルカットの厚いガラス
  素材: 真鍮、アルミ、鉄、プラスチック(ABS樹脂)
  表示: 時針、分針、秒針、潮汐計針
  単三乾電池 1本使用
  色 :  ゴールド色
  
材質: 真鍮、ガラス、プラスチック
  原産国: ドイツ (Hermle)

店長から一言:

 ずっしりと手ごたえのある、むくの真鍮のフレームの掛け時計です。
この掛け時計は、単三乾電池で動くクォーツですから、機械式と違い手間なしです。個性があり、また、新婚さんや新築のお宅、開店・開業や、お世話になった方や退職される先輩へのお礼に、誕生祝いや贈り物ギフトとして、喜ばれます。 (^u^)

ドイツの真鍮のシップクロック
重厚な潮汐計つき壁掛けインテリア時計
売り切れました。ありがとうございます

ドイツのアンティーク調デザインの機械式振り子壁掛け時計M商品番号: Hermle brass shipclock
価格: 33,000円 (税込35,640円)
送料: 全国送料無料サービス