織部焼 角銘々皿 麦秋
和食器の織部の角小皿 麦秋

 和食器織部の銘々皿(小皿)です。鎌倉以来の日本陶器の発祥の地である瀬戸赤津の陶芸家、中島春草さんの織部焼きの伝統工芸作品です。おおよそ11cmの小振りな角小皿ですので、使い勝手がよく、料理の盛り付けに、お茶菓子に、お酒のおつまみに、お取り皿にと、1日の生活シーンで活用できるお皿です。料亭では大活躍の和食器です。

 布目を付けた生地に、麦の紋様を鉄釉で描き、灰白釉、青織部釉をかけたデザインです。窯で焼成後、栃渋抜きして、織部釉を美しくするとともに、灰白釉の細かいひび(貫入)に渋をいれて、古雅な風情に仕上げました。

 この和食器の織部焼きの小皿の裏には作者の中島春草さんの印「春」が押してあります。高さは1cmですから積み重ねても、場所をとりません。

 必要な数をご注文いただけますから、揃い物のように、余分だよとか、足りないということが無くて、便利です。

 中島春草さんの手造りの和食器の工芸作品で、伝統の天然素材を使って製作しております。工場量産品ではありませんので、もし在庫切れの場合は、1〜2ケ月の製作時間をいただきます。その場合は、ご注文いただければ、注文確認のメールで、納品の予定日をご案内させていただきます。よろしく、ご注文の上で、納品をお待ちいただきたく、お願い致します。

和食器の織部の角小皿 麦秋

品名: 織部焼 角銘々皿 麦秋
寸法: 高さ 約1cm x 幅約11x11cm
      重さ 約150g
色 :  青織部釉の深緑と灰白釉のベージュ
      鉄釉絵の焦げ茶
材質: 陶器
原産国: 瀬戸赤津 (東窯 中島春草作)

 包装についての特注見積もり 

特記以外は簡易包装になります。贈り物包装については、ご注文のとき、[備考]欄に、「化粧箱包装希望」とご記載ください。注文確認メールで、包装の費用見積もりと納期を別途ご連絡いたします。化粧箱は紙製になります。もし、桐箱をご希望でしたら、「桐箱」と明記してください。

数量ごとに包装はことなりますので、ご注文のつどの包装代の見積もり確認となります。メールでそのご確認をいただきましたら、お支払い金額の訂正を当ショップからさせていただきます。ご了承ください。

 店長から一言:

ウ〜ン、私の生い立ちでは使ってこなかった、というか、使えなかった贅沢な和食器の小皿ですね〜。.....言うことはありません。春草さんは寡作ですから、在庫がなかったり、数がまとまると、待ってもらわないと。でも、その甲斐があります。新婚、新築、お世話になった方への贈り物や営業用にもどうぞ。
(;^_^A